『京町家風の家』 すっきりとした和モダンな家づくり

施工事例

奈良県磯城郡田原本町 T様邸新築工事 『京町家風の家』 すっきりとした和モダンな家づくり

若いご夫婦は、最初から『京町家風の家』という明快なイメージをお持ちでした。 間口が比較的狭く、奥行きが深い土地の形状を活かし、すっきりとした和モダンな家づくりを目指しました。

施工の様子

家づくりの現場を通して、山本工務店の仕事、磨き抜かれた匠の技をより詳しく紹介します。

地鎮祭


 

《地鎮祭》
土地の神様を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得て、今後の工事の無事を祈ります。



今回は、仏式による地鎮祭で住職の導師により、鍬入れの儀式を執り行いました。

地盤調査


ジャパンホームシールドによる地盤調査を行いました。

柱状改良工事

《柱状改良工事》
建物荷重の掛かる柱の直下にコンクリート杭を形成し、
建物の不同沈下を防ぐ工法です。


まず、重機により所定の位置まで掘削していきます。


掘削した穴にコンクリートを注入します。


配筋工事

《配筋工事》

プレカット加工&梁塗装

今回、京町家のイメージということで、梁の色をあえて、本来の木の色合いから黒く塗り変えていきす。


上棟式

上棟式を執り行いました。

お天気にも恵まれ、まさに上棟日和の日でした。
         ⇑
屋根の部分に高断熱熱材インターセプトパネルをレッカーで据え付けます。

         ⇑
お施主様と大工さんで棟木をおさめました。

          ⇑
三角形のトラスに組み立て、レッカーで据え付けていきます。

          ⇑
1階2階を柱と加工の段階で黒く塗装した梁で軸組みをします

屋根工事

屋根瓦葺き工事施工中。

♪甍の波と雲の波♪童謡こいのぼりを思わず口づさんでしまいたくなるほどきれいに葺かれた屋根瓦。

内部造作


床に強度の高いサンドイッチ構造のインターセプトパネルを貼っていきます。


継手の補強金物

躯体検査

JIO(日本住宅保証検査機構)による躯体検査が行われました。

 

   
 
設計書通りに正しく施工されているか厳しいチェックがはいります。もちろん「適合」です。 

床板貼り


先ず、無垢の杉板を貼っていきます。

外壁工事(SeaWood外断熱工法)

旭化成パワーボードを断熱材の上に貼っていきます。

旭化成パワーボードは、耐久性・耐火性・断熱性・遮音性・透湿性の特性を持った非常に高い性能を誇る外壁材です。


                  
 ↑
《外断熱工法》

断熱材をはることで、水を寄せつけず、湿気も吸湿しにくく、内部結露が起こりにくいのです。

内部造作


吹き抜け・階段まわりの塗装

外部工事

外壁吹付も終わり、



玄関建具も入りました。

本日、お引き渡ししました。

『格子のある家』

まず、外門の格子戸。


続いて、内玄関へ進みます。


玄関ホールです。


古い町家なら、「みせの間」というところでしょうか、格子越しに入ってくる光のコントラストを楽しめそうです。
床の間の横には、お手持ちの和箪笥をはめ込みました。


リビング(吹き抜け)

 



大きな窓から明るい光が差し込みます。

    
キッチン

カウンターの側面も収納や飾り棚に。



お施主様の徹底的なこだわりで完成したお住まい。

格子があったり、床や柱は黒、壁は白を基調としていて古民家風でどことなく懐かしい。
一方、大胆な吹き抜けは、開放的で、黒や白の基調がかえってモダンな雰囲気を漂わせる。

ここに住む人はもちろん、ここを訪れる人も皆、きっと温故知新のこの家に『和』居心地の良さを見い出されるでしょう。

 

お施主様にとってやすらぎの家でありますように…

< 前のページへ戻る

↑