SeaWoodとは?

外断熱住宅「冬暖かく 夏涼しい、帰るのがとても楽しくなる家。」

「山本工務店の外断熱注文住宅」
インターセプトパネルを屋根、床に使用。壁にもスタイロフォームを張り、外壁材にパワーボードを使用しています。家全体がスタイロで包まれる為、夏涼しく、冬暖かいのが特徴です。
外壁材に使われるパワーボードは、他の外壁材と比べ防火性、耐久性に優れています。

外断熱と内断熱の断熱層比較

外断熱と内断熱の断熱層比較イメージ図
  1. 1.外断熱工法大面積の広い断熱材を使用するため、断熱層に隙間ができない。断熱材が吸湿しにくく、内部結露が起こりにくい。
  2. 2.内部断熱工法繊維系の断熱材が用いられているため、どうしても断熱材同士に隙間ができる。
    内部に湿気が浸透した場合結露が起こりやすく、防湿工事が不可欠。

外断熱(高気密・高断熱)住宅を効率的に実現

インターセプトパネルは形がそろっているので、隙間が少なく気密の取りやすい構造をしています。またポリスチレンフォームは空気を通さない材料です。従って隙間なくならべて簡単に施工するだけで、高い気密度が得られるようになっています。

外断熱イメージ図インターセプトパネルなら、屋根の温度を80℃にまで熱する真夏の暑い陽射しも、雪を降らせる冬の寒気でも、室内をいつも快適な状態に保てます。

例えば真冬の「吹抜けオールパインの家(守山古高)」の場合

建物主要構造は軸組壁式工法

土台・柱・梁で荷重を支えるポスト&ビームと壁面で荷重をささえる2×4の長所を取り入れた軸組壁式工法で柱や梁を見せることはもちろん、耐震性・耐久性に優れた堅牢な木の家。又建物外部をガッチリと囲う堅牢性の反面、内部の間仕切の自由度が高いから将来のリメイクだって容易、家族構成などライフステージの変化に応じ間取変更が出来るから永住性も高くなります。高気密・高断熱ならではの建物ひとつをワンルームとするようなプランやリビングからの階段、どこにいても家族の気配を感じることが出来る吹抜けなど開放的なプランや、屋根裏有効活用の「勾配天井」や「隠れ家(ロフト)のある家」などで暮らしがますます楽しくなります。

住宅の主要工法別の建物躯体構造&耐力比較

  • 在来工法

    在来工法

    筋交いの配置と切即方法(金物)を考慮すれば、強さを発揮できる。熟練した大工職人が必要。

  • 鉄骨系プレハブ

    鉄骨系プレハブ

    軽量型鋼のため軽量化に成功。ブレースが弱さの もと。金属のため、サビと結露が弱点。

  • 2×4工法

    2×4工法

    壁と床の面で受け止める。ただし小屋裏のプラットフォームが無いので二階の変形が考えられる。

  • 軸組壁式工法(SeaWoodの場合)

    軸組壁式工法
    (SeaWoodの場合)

    柱や梁のフレームと2×4工法の面の両方で支える合理的な構造で、バランスよく力を分散し受けることが出来る。