「住まい」のくつろぎと「職場」の機能性を考慮した家

施工事例

奈良県桜井市 F様邸事務所併用住宅新築工事 「住まい」のくつろぎと「職場」の機能性を考慮した家

「住まい」のくつろぎと「職場」の機能性を考えてお施主さまといっしょにプランニングしました

施工の様子

家づくりの現場を通して、山本工務店の仕事、磨き抜かれた匠の技をより詳しく紹介します。

地盤調査

ジャパンホームシールドによる調査で計画建物の不同沈下を防止するための

基礎形状設計を目的とするもの。

   ⇓

調査の結果、「柱状改良工事」が必要です。

地縄張り

建物の位置を決め、平面の形状に縄を張って確認します。

 

 

地鎮祭

本日、地鎮祭を斎主たる與喜天満神社の宮司のもと執り行いまし

た.

 

《地鎮祭》土地の神様を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得て、
今後の工事の無事を祈る儀式。

 

 

柱状地盤改良工事

 ジャパンホームシールドによる《柱状地盤改良工事》 ]

 

 

湿式柱状改良工法は、軟弱地盤中にセメント系固化材を円柱状に注入しながら機械的に撹拌混合し、地盤中に柱状の固結体を構築し、地盤を補強する工法。 

基礎工事

掘削工事が始まりました

 

栗石を敷いていきます

 

捨てコン・防湿シート

 

配筋工事

配筋工事

 ⇓

JIO(日本住宅保証検査機構)による配筋検査を行いました。

 

土台伏せ工事

いよいよ大工さんの出番です。

 基礎も完成し、土台を伏せていきます。

 

 

祝上棟

《上棟式》
無事に棟が上がったことを喜び、感謝しました。
同時に、今後の工事の安全と新しい家の堅固長久を祈願しました。

 

 《棟納め》お施主様に棟木を納めていただきます。

 

《建て方》きれいに組まれた骨組 

 

外断熱工法にはインターセプトパネルを使用。その量は圧巻です。

 

eaWoodの最大の特長は、屋根裏部屋が広くとれ、季節を問わず快適に過ごせる住環境を提供できること。

写真のブルーのパネル(外断熱インターセプトパネル)を床下面や屋根面に使用し、強い剛性と高気密高断熱を発揮し、三角形のトラスで屋根裏の広々空間確保を実現します。

 

2階骨組

 

 1階骨組

 

 

 

屋根仕舞

屋根仕舞完了

 

 

黒い気密テープで気密処理をします。

 

屋根面には、外断熱材のインターセプトパネル
(高気密・高断熱性能パネル)を使用。

 

 

躯体検査

JIOによる(日本住宅保証検査機構)による躯体検査が行われました。 

 

設計書通りに正しく施工されているか厳しいチェックがはいります。

もちろん「適合」です。

 

内部造作

 

内部工事

《床貼り工事》
まず、大引きを敷きます。

 

大引きを支える鋼製束は腐ることもなく、住まいの耐久性を持続させます。

インターセプトパネル貼り

 

床にインターセプトパネルを貼っていきます。

 

これで床の断熱(高気密・高断熱)は万全です!

 

 

《床下配管及び配線》

 

同時に、電気工事(配管・配線)をしていきます。

外壁工事(外断熱材)

構造材の上から断熱材(抽出法ポリスチレンフォーム3種)パネ

ルを貼っていきます。

 

 

 

 

  外壁面を外断熱パネルですっぽり覆います。

 

これで外壁の断熱(高気密・高断熱)も万全です!

 

外壁工事(旭化成パワーボード)

外断熱パネルの上に旭化成パワーボードを貼っていきます。

 

旭化成パワーボードは、 耐久性・断熱性・防火性・防災性・遮音性・環境共生6つの特性を持った非常に高い性能を誇る外壁材です。

外観

《全景》

足場も解体され、外観のお披露目です

完成現場見学会のお知らせ

 完成現場見学会の開催のお知らせ

 

にこだわる山本工務店がお施主様のご厚意により完成現場見学会を

開催致します。

 

場所:桜井市脇本(中和幹線入り口近く)

日時:5月17日()・18日()     

   AM10:00~PM5:30

 

 詳しくはこちら

 

オープンハウス開催中

『オープンハウス』 好評開催中

 

にこだわる山本工務店がお施主様のご厚意により期間延長で

オープンハウスを開催致します。

 

場所:桜井市脇本(中和幹線入り口近く)

日時:7月20日まで  (月曜日・水曜日は定休日)   

   AM10:00~PM5:30

詳しくは こちら

< 前のページへ戻る

↑